第43回県知事杯レース!

2018年4月22日、0900時 フォーン1声!

レースは程よい風でスタートです。


話は午前7時30分、波多を出港。

画像



二つの1号橋を通過して、有明海に。

画像



白涛沖にはすでに多くの艇が参集していた。

画像



画像



「さあ、今日は気合ば入れていくばい!」

「本部艇には” I 岸さん ”が乗っとるけん、絶対時報通りだけん!」

スタートは時報通りであった。


絶好のポジションかと思ったが、ちょい早く・・・

減速してのスタートとなった。

ラインを切ると、たちまち各艇が追い越していく。

「う~ん、残念!」


今回は白涛沖~羽干島の2周。

程よい風でけっこうレースらしくは見えた。

1周目を回る頃にはトップに半周差くらいは離されたかな?

画像



画像



画像



いよいよ、フィニッシュというころ、風が落ちた。

いつもならエンジン回すところだけれど、離れた後ろには2艇。

まあ、もうチョイ待っても良いか。

やがて、風も出て久々のフィニッシュ。

「やったあ!」の声が聞こえた。

エンジン掛けたら、怨まれとったねえ。


さて、すぐにセールを片付けて、私だけ本部艇に移る。

後は店長たちに任せて、成績表の作成に取り掛かる。

「え、これ間違いじゃないと?」

記録係りの I 岸 さん に聞いた。

「いいえ~、カッポレと夜明け号は止まってしまいました。」

「沖出しの3艇がその間にスルスルと・・・」

なんと順風号、Gブルー号、トンボ号の順でフィニッシュ!

なんと、OMGの世界です。

*OMG  オー マイ ゴッド!


我々には、絶対王者の勝ちは不動と見えていたのに。

勝負に絶対は無いのです!

さて、成績表はできたんだけど・・・


後続の2艇が1時間経っても入ってこない。

見ると吹いたり、止まったりで翻弄されている。

やがて2時間、本部艇では四苦八苦している艇を横目に。

「おいおい、風ば読まんで空気ば読めよ!」

なんて冗談が飛んでいた。


ZIGは早めにリタイアしていたのは正解だったということだ。

リミット直前、13時52分最後のフィニッシュ艇が入る。

天草からやって来た蛸壺たさんの艇。

さすがに年寄り二人だと、粘りが違うね。


もう1艇の七海女神号はリタイアの連絡。

レースは終了です。


午後2時半

クラブハウス前で表彰式。

リタイア、第10位、第9位と発表。

我々は9着、9位でした。

第8位 夜明け号、第7位カッポレ号・・

意外な成績に会場が沸いた。


第3位 トンボ号・・・ そして第2位は・・・

「順風号!」

「あ~」

残念のため息が漏れた。

そうです、優勝はシーウルフさんのGブルー号でした。

Aちゃん、惜しかったねえ!

Fホームだっただけに、残念だったろうネエ~。


画像



まあ、いろいろと御座いましたが無事に終了。

レース委員長も言ってました。

「何事も無く、無事に終了して良かったです。」

本当にネエ、無事が何より!


まあ、こういうことで知事杯は終了です。

腰をかばい、かばい頑張りましたが体中痛い。

歳ですなあ・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

痛(ツネ)
2018年05月02日 19:31
お疲れ様でした
2018年05月03日 11:20
いやいや、久々の入線でメンバーも笑顔でしたよ。
後ろが居ると心強いのが良~く分かりました!

この記事へのトラックバック