さて、会長杯当日です!

昨夜のご乱行も頭痛で忘却の世界へ。

苦難の一日が始まるのであります。

特に女性1名は、出港前から吐き気満載!


7時に出港。

爽やかな秋の朝、港も綺麗に見えます。

画像



画像




昨日の予報では風は北よりの1~2m程度。

セールは事前に微風対策。

港内では予想通りだった。

1号橋(2橋)をくぐると、『カッポレ号』が追い越して行った。

画像



「間に合わんよ~!」

と宣った。

私もそうか、まあそれはそれでいいかなとボゥーと考えた。



有明海に出ると波は悪く、風は小さな白波を作っていた。

アイタ~!読み間違えたか。

メインセールはどうしようか、まあこの程度ならOKか!

気になるのは、もはや緊急搬送寸前の約1名のみ。

黒島が近づくと多くの艇がメインのみで待機の気配。

我々はどこでメインを上げるか、迷っていた。

皆の前で、素早く(スルスルと)上がれば良いが、もし・・・

かと言って、島の手前で上げてスタートに間に合わなかったら・・・

なんて、レース前から恥ずかしい葛藤があったのであります。


スタート5分前

エンジン停止、ヘッドセールはレギュラー。

アウターブイのぎりぎりを目指す。

画像



それでも、さらに下から、『丸子7号』が入り込んでくる。

「おい、空けて入れてやろうよ!」

やさしさを見せたが、これが後々・・・ねえ?


なんとか、無事にスタート。

下から、『丸子7号』、上からは続々と『マヌーケⅡ号』他が続々。

けっこう、良いスタートになってましたかな!


だが、スタート後はいつものポジションへと移っていく。

舵引きの店長はスピンを上げない私に、やや不満顔。

だが、私一人ではスピンは厳しい。

他のメンバーも居ただろう?

すでに撃沈しておりました。(きつかったろうねえ~)



回航点、黒島が近づくと各艇が右往左往していた。

画像



そして、次々と島を回りだす。

我が艇の遅れが歴然となってくる。

焦るなあ~!



「Zさ~ん!」

振り向くと、はるか前方に居るはずの『夜明け号』が左方から抜いて行く。

あれ~、どうしたんだろう?

確かに、『夜明け号』だ!


俄然、元気になって走り全開に。

速度はとても追いつく程は、ありませんがね。


黒島を回ると、上りのヒールがきつい。

酔っ払いには、厳しい~!


それでも、後ろに3艇は居るのが分かる。

つまりは、いつもポジションをキープ!

へらへら笑いながら、湯島方向へクローズの走り。

先の『夜明け号』は全然角度が違い、黒島方向。

他艇の上りと比較しても、これは違う!

とても勝てる気がしなくなった。



それでも湯島近くの釣り船を避けながら、フィニッシュラインに。

いくらかロスもあり、『サマー号』に抜かれてのフィニッシュ。

なんとか、今年の2レース(知事、会長)を完走できました。



午後2時

クラブハウス前で表彰式です。

第3位から発表です。

KYC所属、『マヌーケ号』

第2位は、KYC所属 『ブラン、ブランブルー号』


そして優勝は、肝心の優勝メンバーがまだ到着していない。

結局は遅れて再度表彰。

KYC所属 『丸子7号』です!

画像



かくして、無事に会長杯は終了。

約1名も、やっと生き返ったのでありました!

まあ、事故もなく、メデタシ、めでたし!

チャン、チャン ってか~♪




"さて、会長杯当日です!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント